お湯呑


一目惚れの転写紙で作ったお湯呑です^^
転写紙を見た途端、「これでお湯呑を作ろう!」と思い付きました。
小さなこだわりとして、お湯呑のフォルムは、やや細長くなければダメ!
カルトナージュと違ってポーセラーツで難しいと感じるのは、
好みの形の器を探すところから始めなければならないこと。
カルトナージュならばそれを自在に作ることが出来るのに。
この点は未だに慣れることが出来ません。
ポーセラーツとは本来、器の形を見て、
その形をいかしたデザインをすべきものなのでしょう。


転写紙の柄は分解して、再構成しています。
これもなかなか難しいテクニックの一つです。


Tale of Tail**カルトナージュ布箱のお店**

タイトルとURLをコピーしました