待ち焦がれて


毎年冬季のみオープンする牡蠣小屋。
長崎では冬になるとこの牡蠣小屋が
海岸沿いのあちらこちらに立ち並びます。
牡蠣小屋とは牡蠣を食べるための小屋。
佇まいはとても簡素で、いかにも「小屋」という感じのところが殆ど。
行きたい行きたいと思いつつも、今季はなかなか時間がとれず、
年が明け、旬も終わりかけの先週末、やっと訪れることができました。
牡蠣をキロ単位で購入。
大体 軍手、ナイフ、レモンなどがセットになっていて
セルフで網の上で焼いていただきます。
牡蠣以外にも干物やサザエなど海の幸もその場で購入して焼きます。
山賊焼きの様なこういう雰囲気、とても好き^^
これでようやく春を迎えられる気がします。
SHOPサイトはこちら
Tale of Tail**カルトナージュ布箱のお店**

タイトルとURLをコピーしました